40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

あんたばかぁ? エヴァンゲリオンのテレビ動画が見放題なのよ!

time 2016/05/06

sponsored link

テレビに、映画に、パチンコに、新幹線に、スマホに、

日本国内あらゆるものを独占し侵食。

「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」は今も口ずさむことが多く、何故か力が湧き出てくる。
碇シンジの名セリフ「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」は現実の困難から多くの人を救ってきた。
そんな誰もが知っている”ジャァーーン”
eva2
出典:http://amazon.co.jp/

1996年に放送された大人気テレビアニメと言ったら20年経っても人気冷めやらぬ「新世紀エヴァンゲリオン」
今年は山陽新幹線でエヴァ専用が仮面ライダー電王のデンライナーのように高いクォリティーでコックピットまで装備し走りました。時代を飛び越えることはありませんが飛び越えた感覚を感じることは出来ます。
evashinkansen
出典:http://www.500type-eva.jp/

因みにシンジや綾波などキャラは居ませんので実物大コックピットに搭乗の際に使徒に侵食されても助けてくれることはありませんので自分を見失う事のないように気をつけてください。
しかし日本の乗り物の技術も本当に発展していますね。
これだけのものが出来る時代になった事自体が信じられません。

evashinkansen2
出典:http://www.500type-eva.jp/plan.html

どっちがエヴァかわかりますか?決して変身前と変身後ではありません。
直ぐにでも動き始めそうな2体の乗り物ですが、どちらかが新幹線で本当に線路を走っています。 そしてもう一つは御存知「EVA初号機」です。

 

エヴァンゲリオンあらすじ

西暦2015年。第3新東京市に、さまざまな特殊能力を持つ“使徒”が襲来した。主人公・碇シンジは、人類が“使徒”に対抗する唯一の手段である人型決戦兵器エヴァンゲリオンの操縦者に抜擢されてしまう。今、人類の命運を掛けた戦いの火蓋が切って落とされる。果たして“使徒”の正体とは? 少年たちと人類の運命は?

エヴァンゲリオンが何故、誰しもの心を侵食したのか?

evapop

出展:http://www.evangelion.co.jp/neon_genesis.html

ひとりひとりのキャラクターの個性がまったく異なる中で起きてくる物事。
目的は同じなのに、一つ一つクリアーさせていくための方法をも同じにも関わらず自分たちの捉え方は、全く異なるがためにいつも本心では中として成り立つことがない碇シンジと綾波レイとアスカラングレー。

エヴァンゲリオンでシンジは草食系男子であり、その他キャラは男性よりも女性の方が活躍していて印象も強く残る。
後半で出てくるカヲル君はアイドル並のルックスにギャングっぽいイタズラ心を持ちつつも、やはり草食系。

そんな現代に反映されたキャラクターに起こる出来事に現代社会に生きる人間とのクロスオーバーが起こったんじゃないかと思いました。

ただ、新世紀エヴァンゲリオンの最終まで見ないとわからない疑問だらけの後半はアメリカドラマでも使われた不思議な世界感、えっ?現実じゃ・・・・・無い?  えっ?と視聴する人みんなを侵食するかのように一生消えることのない世界に一気に引き込んでいきます。
そんなエヴァンゲリオンの展開は1話から24話までとなります。

1. 使徒、襲来
2. 見知らぬ、天井
3. 鳴らない、電話
4. 雨、逃げ出した後
5. レイ、心のむこうに
6. 決戦、第3新東京市
7. 人の造りしもの
8. アスカ、来日
9. 瞬間、心、重ねて
10. マグマダイバー
11. 静止した闇の中で
12. 奇跡の価値は
13. 使徒、侵入
14. ゼーレ、魂の座
15. 嘘と沈黙
16. 死に至る病、そして
17. 四人目の適格者
18. 命の選択を
19. 男の戰い
20. 心のかたち 人のかたち
21. ネルフ、誕生
22. せめて、人間らしく
23. 涙
24. 最後のシ者
25. 終わる世界
26. 世界の中心でアイを叫んだけもの

現在は、アマゾンプライムビデオで無料見放題。

最終映画が始まる前におさらいしておきましょう。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。