40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

仮面ライダーシリーズで1番人気は?

time 2016/04/21

sponsored link

1971年 変身!とぉお!の掛け声誕生!

初めて見た変身ヒーローモノ。

ベルトを付けて変身の掛け声「変身!とぉお!」を大声に、変身ポーズをとることで自分も強靭になれると信じていた。

そんな幼少時期を過ごした経験は昭和世代には誰にでもあるかもしれない。

 

その代表格が誰もが知っている仮面ライダー。

仮面ライダーは今までに何人ものヒーローを生み出し既に45年間、シリーズと言われ大ヒットを生み出し続けている。

と、誰もが思っているだろうが実は本郷猛扮する初代仮面ライダー1号がショッカーに改造され悪の道に惹き込まれそうになりながらも善の心を無くさず戦い続けるのと同じように、ここまで来るには裏では非常に苦悩の多い作品創りがあったようだ。

もちろん子供達の夢を創造する仮面ライダーだけに制作事情は表には出ること無く淡々とここまできたといえる。

仮面ライダーは子供のもの?大人のもの?

各々仮面ライダーの放送からエンディングまでの間、番組視聴率だけに留まらず視聴者からの意見やグッズの販売状況によって変化をし続けてきている仮面ライダーは、果たして誰をターゲットにしていたのだろう。

おやじの記憶に残っている仮面ライダーは、

・初代仮面ライダー1号

・仮面ライダー2号

・仮面ライダーV3

・仮面ライダーストロンガー

・仮面ライダーアマゾン

・仮面ライダーX

・仮面ライダー電王

・仮面ライダーW

・仮面ライダーオーズ

・仮面ライダーフォーゼ

昭和ライダー初期と平成ライダー後半と思春期からはいささか仮面ライダーを離れていました。
こう考えると自分の幼少期と自分の子供の幼少期で親が一緒に見るといったターゲットになるのでは無いかと思います。

仮面ライダーなのに赤鬼や金太郎が登場?

仮面ライダーカブトの後の2007年に放送された、時空を飛び越える電車「デンライガ-」が登場する仮面ライダー電王。

売れっ子俳優の佐藤健が演じる主役の仮面ライダー電王は、とっても弱っちくて大丈夫かと不安を煽る草食系男子。

そんな佐藤健演じる変身前の良太郎を支えるのは桃太郎に出てくる赤鬼のようなモモタロス、浦島太郎の亀のようなウラタロス、金太郎のようなキンタロス、龍つまりドラゴンのようなリュウタロスと童話の世界で強いものをモチーフにし主役を助けていくような展開になっている。 ここのキャラのセリフがまた面白い。

・モモタロス「俺!参上!」

・ウラタロス「僕に釣られてみる?」

・キンタロス「俺の強さにお前が泣いた!」

・リュウタロス「やっつけちゃっても良いよねぇ?」

とてもコミカルなコント漫才を見ているような流れに思わず見入ってしまいます。

 

電王は何度も映画が放映されるなど今だに支持率の高い仮面ライダーで歴代ナンバー1じゃないかと思いますが、好き嫌いがあるので個々の判断になるかもしれないです。

個人的には仮面ライダーWは音楽からストーリーまでがとてもスマートでかっこ良く友達の絆の表現が良かったので歴代ナンバー・ワンにしたいですが、、。

 

 

 

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。