40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

ダウンタウンの松ちゃんが仕掛ける「 HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル 」とは?

time 2017/02/07

sponsored link

Amazonビデオで妙に気になる画像を発見!

クリックしない訳にはいかないぞ!と思い開いた先現れたモノは・・・

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル 」の文字

ガキの使いでも無ければリンカーンでもない、一体全体なんなのか?と興味が湧き出てきた。 

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

誰もが知るダウンタウンの松ちゃん事、松本人志さん。 ダウンタウンの作品はどれもが人気で正月のガキ使ビデオなどはプレミアがつくほどの人気だとか。 今回の作品「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル 」は、どうやらアマゾン限定での初チャレンジ作品のようで今までに無い笑いの世界の進化版?究極版?基本作品?のような松本人志さんが長年活躍してきた笑いの世界での成果の集合体のようです。 通常ならナマモノとの取り扱いで「ドキュメント」と歌われそうな部分も敢えての「ドキュメンタル」とつけられ、この言葉に埋め込まれたソウルな発想が動画を視聴することで理解できます。

しかし、松ちゃんの筋肉美は相変わらずで昔のガリガリ君がイメージできないですね。

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」のあらすじと内容

松本人志プレゼンツ、密室笑わせ合いサバイバル。10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う。最後まで笑わなかった者が勝ち。密室に閉じ込められた芸人が極限まで追いつめられることで生まれる本能むき出しの笑いを見逃すな!
出典:http://amazon.co.jp

4部構成での完結作品となりますがイッキ見をおすすめします。 途中の中だるみ感も笑いのひとつなのかもしれませんが、初作品と言うことも有りテスト作品のような仕上がりです。 ただ、まったく今までに無い作品であることは間違いないと思います。

1. 勇敢な10人の参加者

緊張感を持つ第1話ですが、色々な芸人さんの元に突如“ドキュメンタル”の招待状が届きます。 この流れはどこぞの映画で見たような気がしないでもないのですが、それは置いておいて登場人物も何もわからない状態の中での物語スタートです。

招待状を手にした芸人さんたちは一様に驚き、戸惑い、喜び、苦悩を隠せない姿を見せますが、もしかして芸人仲間でのコンパや飲み会では普段から起きているかのような生々しさすら感じる演出にハラハラドキドキします。

招待状の中には、「このバトルに参加するのかしないのか、参加する場合は参加費100万円を工面シテクダサイの文字。」

何人ぐらいの芸人さんの元に招待状が届いたのかは定かではないのですが、10人の参加者が決定します。

ドキュメンタルの出演者は、
・ジミー大西、
・FUJIWARA 藤本敏史
・宮川大輔、
・野性爆弾 くっきー
・ダイノジ 大地洋輔
・東京ダイナマイト ハチミツ二郎
・とろサーモン 久保田和靖
・天竺鼠 川原克己
・トレンディエンジェル ・斎藤司
・マテンロウ アントニー
以上の10人です。

なんか楽しめそうな感じもするが、グダグダになりそうな感じもする第1話です。

2. 最初の脱落者は?

なんとなくわかり始めてきた松本人志さんプロデュース作品「ドキュメンタル」。 退場者が続々と出て優勝者が100万円の10人で1000万円を手にすることが出来ると言うことで登場者の芸人さん10人は一様に真剣に取り組んでいきますが、何せ皆さんかってが掴めず右往左往しているさまもリアル感満載です。 そんな中、開始早々にイエローカードが出たのですが、果たしてどうなることやら。

3. 脱落者続出

これ完全に飲み会での事じゃないの?と突っ込みたくなる感満載のないようですが、松本人志の渋めの会話が更なる笑いの渦を起こしてくれるのではないかと期待感をくすぐります。
しかし、男子芸人だからこそのゲス感が歪めない・・・

4. 死闘

参加者が半数以下になった密室に緊張感が漂う。制限時間が迫る中、追い詰められた芸人達の壮絶なラッシュが始まる。そして戦いは人間性を捨てようとする暴挙へと至る。果たして賞金1000万円をめぐる戦いの結末は?
結末がなんとも言えない・・・こんな感じか・・・・

しかしAmazonのレビューを見る感じでは賛否両論のような。
第二弾、第三弾と期待させてくれる感じはします。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。