40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

「ビリギャル」の映画に本人登場? 人気作品が、まさかの見放題!

time 2016/12/04

sponsored link

映画「ビリギャル」【TBSオンデマンド】 2015

映画「ビリギャル」【TBSオンデマンド】
映画「ビリギャル」【TBSオンデマンド】
貴方は、このようなことを信じられますか?
「学校で学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格」なんて事を。。。

まさかぁあ!そんなことあるわけ無いじゃん!って思うと思いますし私もそう思いました。 ですから当然のように、作品としての内容とタイトルだと思っていたら、な・なんと実話というから驚きの「ビリギャル」だったんです。 ギャルと言えば、お目々ぱっちり、まつ毛は以上に長く大きく上を向きと、見た目ばかり気にして決して知識も経験も少ないチャラチャラしたイケナイ女子なんてイメージしかないですよね。

映画「ビリギャル」のあらすじと登場人物

事実である当時の写真を発見しましたが、先生もビリギャルも当時の姿は、まさに・・なかんじで本当に現実に起こるわけもないことを二人は起こしてしまったという事実を、あらためて動画を見ることで実感したのは言うまでもありません。 しかも感動付きで。

info-charactor出典:http://birigal.jp/#profile

映画「ビリギャル」のあらすじ

【TBS Pictures】 さやか(有村架純)は高校2年生。中学入学以来、全く勉強をしなかったので、ついに成績は学年ビリ。いくらなんでもこのままではマズイと思ったのか、そんな女の子が学習塾にやってきた。でもその姿は金髪、ヘソだし、超ミニスカのギャルメイク。対応した塾講師の坪田(伊藤淳史)もびっくりの彼女の知識は小4レベル。聖徳太子を「セイトクタコ」と読み、東西南北も分からない。それでも夢は大きく第1志望はチョー難関の慶應大学!(←ゼッタイ無理!)「さやかが慶應なんてチョーウケる~!」。こうしてノリで二人三脚の受験勉強がはじまった!夜も寝ないで頑張るさやかだが、偏差値70の慶應は甘くない。周囲からはののしられ、成績は伸びず、友達とも遊べない。それでも支えてくれる周囲の人たちのため、さやかは慶應合格に向け走り続ける。
出典:http://amazon.co.jp

この作品は、個人が輝くことのできる投稿サイト「STORYS.JP」で話題となった実話を全面書き下ろしで書籍化されたのですが、さらに人気を博したことで映画化となったようです。 さやかさんは高校2年生にもかかわらず、小学4年レベルの学力しかないギャルだったのですが、当時塾講師だった坪田信貴さんの思いであった「ダメな人間などいません、ダメな指導者がいるだけなのです」の理念の基、慶應義塾大学現役合格にまで導いたという夢をかなえる感動ストーリーなんです。

現在でも投稿サイト「STORYS.JP」を見ると殿堂入りランキングに登場しています。

書籍も見てみる?

と、その前に角川さんからCMが出されていました。

投稿サイトSTORYS.JPで話題となった実話を全面書き下ろしで完全版として書籍化。
高校2年生にして、小学4年レベルの学力のギャルをいかにして慶應義塾大学現役合格にまで導いたかが、軽妙な、笑いを誘うタッチで描かれている。その笑って泣ける感動的なストーリーのみならず、「ダメな人間などいません、ダメな指導者がいるだけなのです」と語る著者の、子どもや部下のやる気を引き出す心理学テクニックにも注目が集まっている。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。