40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

orange(オレンジ)から愛のカタチを発見。 おやじにも、そんな時代があったのさ。

time 2016/07/08

sponsored link

世代を超えた青春SF

昔はLemon(レモン)、今はorange(オレンジ)?

orange001
出典:http://orange-movie.com/

原作者は長野県出身で松本市に在住の高野苺さんで、なんと高校生の時にデビューを果たして長編作品の「夢みる太陽」を生み出し女子中学生から絶大な人気を獲得していました。 

orange002
出典:http://orange-movie.com/

作品の中で使われている曲はコブクロさんが歌っているのですが作品とのマッチングがとても素晴らしいです。 

コブクロさんからのコメント

原作「orange」を読んで、この「未来」という楽曲ができました。「未来」という言葉は、前向きも捉えられますが、「未来は、どうなるかわからない。」という刹那な不安とも隣り合わせである事を、この物語を通して感じました。木々の生命は、大きな幹から枝によって幾つにも分かれていきます。僕らの生きる人生、それを決める「今」も、枝のように分かれ、どちらを選ぶかで、その未来が変わります。先が見え無いほどか細い、そんな枝にも命が流れています。時に、力強く太い枝の方を選んで生きてしまいがちな日々を、か細い方にかけてみる瞬間。恋する人の心にも、夢を追う人の心にも、いつかそんな日が訪れて、その先には、見た事の無いような未来が待っているかもしれない。もし、今がどんなに辛くても、いつか辿り着く未来から今を振り返って、笑える日が来て欲しい。そんなイメージでこの歌詞とメロディーを描きました。たとえ、思いは叶わずとも、愛する人のそばにいたい。届けられなくとも、今、そばにいたい。そう願う、か細い気持ちにも、きっと強い「命」が宿っています。片恋の美しさは、永遠です。映画を通して流れるこの楽曲で、忘れていた何かを思い出してくれたらいいなと思います。
出典http://orange-movie.com/theme.html

オレンジはアニメ放映もされ始めましたが、それに対してツイッター上では既に第一話を視聴した方などからコメントもあがっていました。

映画 orange-オレンジ- のあらすじと内容

高校2年生の春、菜穂に届いた手紙。それは10年後の自分からのものだった。 書かれていたのは、転校生の翔(かける)を好きになること。翔が1年後には死んでしまっていること。そしてその未来を変えるためにやるべきこと。 初めはイタズラかと思っていた菜穂だったが、書かれていることが次々と起こっていく。なぜ翔を失ってしまったのか?10年後の自分と同じ後悔を繰り返さないためにはどうすればいいのか? 運命を変えるべく、菜穂は動き出す。その先にある、暖かくも切ない<結末>とは―?
出典:http://amazon.co.jp

アニメとは、一味違うリアルさは劇画にはあります。 誰しもが持つ過去の自分や若かりし頃の自分。 そんな自分に何かを伝えることが出来たのなら、どんなに良いことかと思うこともいっぱいかも知れません。 しかし現在の自分は過去の自分があったからこその自分であり、またこれから先の未来の自分からしたら現在の自分は過去の自分となる。 そう考えると日々自分と向き合うことが未来を切り開いていくことになるのかもしれないとオレンジに出会うことで考えることが出来た。 ナニモノにも縛られることのない自分をつくるのも自分次第。 未来を、いつ?に捉えるか?そんな一生という時の過ごし方も良いかもしれない。。。

映画orange(オレンジ)はこちらから視聴できますが、有料となります。


orange-オレンジ-

TVアニメのorange(オレンジ)は現在プライム無料で視聴可能です。(期間限定)


TVアニメ orange シーズン1

どうでも良い、オヤジのオレンジならぬ甘酸っぱいレモン?

私の嫁さんは5歳年上。 嫁さんを初めて見たのは中学3年生の時。 私は15歳で嫁さんは20歳の時だった。 嫁さんは既に免許を持っていたので三菱のミラージュなんて今は懐かしき車を所持していて中学生のオヤジを乗せて家まで送ってもらう、ひょんな出来事があった。 その時にオヤジが思ったのは、「こんなべっぴんさんと結婚できたら良なぁあ。」って事。 それから逢うこともなく月日が流れお互いがお互いの道を歩み逢うこともない日々を過ごしていた。 5歳も違えば当然といえば当然で、私は中学から高校へ嫁は専門学校から社会人へと今考えても一緒になるなんて想像も出来ない子供の人生と大人の人生ほどの差です。 それが不思議なことに、あるきっかけを元に私は嫁さんと再開することになったのです。。。。 人生ってホントになにげない日々の中に凄いことが起きているとその時からずっと感じています。 このオレンジを見て昔を思い出してしまいました。 私の今までの人生で手に入れた1番の宝物は嫁です・・・・
IMG_0008_20130123080622
出典:http://nsadj0623.blog.fc2.com/page-2.html

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。