40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

RAKUENが別世界に貴方を誘う! 三好和義と巡る楽園の旅が最高に綺麗です。

time 2016/07/01

sponsored link

この世界の楽園の場所がわかる?

死ぬ前には一度は行きたい場所に認定しよう!

今回ご紹介する作品の前に豆知識を先に頭に入れておいて欲しい。 それは「4K」と言う言葉。 普段使用することが殆ど無いので意味不明だと思うのでこちらの画像をまずは見てご覧頂きたい!

4K
出典:http://www.sony.jp/bravia/products/KD-65X9200A/feature_1.html

いささか専門用語が多く難しく描いてありますが、要は今までとは違ってすごく綺麗でリアルな画像だよってことです。 そんな技術を使って作られた作品が、こちら「RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅」 今までに見たこと無いほどの世界に貴方は驚くでしょう。そんな作品がAmazon限定で放送されているので御紹介します。

rakuen

4Kドキュメンタリーシリーズ『RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅』のあらすと内容

「楽園」をテーマに、タヒチ、モルディブ、セイシェル、ハワイなど、美しい写真集を数多く出版してきた写真家三好和義。彼が生涯をかけて旅してきた「世界の楽園」を、あらためて撮り下ろしで巡っていく。ビーチで、森で、そして世界遺産で、「楽園」を捉え写真に切り取るその一瞬を、4Kならではの映像美で追っていく。 「楽園」を巡る旅の道程には「旅人」が同行。ゆったりと流れる楽園の時間を味わい、三好が写す楽園風景の一部として溶け込んでいく中で見つけた楽園の秘密を、好奇心の趣くまま紐解いていく。 ナレーター:塚本晋也 出演:写真家三好和義、細谷理沙、豊田エリー、脇田恵子 他
http://amazon.co.jp

1. タヒチ・マルケサス

そこは楽園写真家三好和義がもっとも愛した「楽園」のひとつ。南太平洋ポリネシアに浮かぶこの島は、美しいビーチと水上コテージで「楽園」の代名詞でもある。 ここは巨匠ゴーギャンが「楽園」を求めて終の棲家とした場所。そこで彼は14歳の妻をめとり、「快楽の館」と名づけた家に住んだ。 写真家三好和義の終わりのない楽園への写真行に「旅人 細谷理沙」が同行。巨匠たちが愛した野生とスピリチュアルに満ちた楽園の秘密に迫る。
出典:http://amazon.co.jp

今回の場所はタヒチ。地図で見るとココになります。

約40分の再生時間の間、日本にいる感覚を忘れてしまうほどの今回の作品。自然に溶け込む自分を体験させていただき非常に嬉しい限りでした。 この日本では日常の生活に追われ日々忙しいばかりで自分と向き合う時間さえ作れないので、このような動画を視聴することは日本人に取って必要な時代に入ってきたのではないでしょうか?

Amazonプライムビデオはダウンロードをすることで好きなときに視聴することが出来るようになる非常に便利なものです。 今回の作品「RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅」を貴方のスマホにダウンロードしてみませんか?


RAKUEN 三好和義と巡る楽園の旅

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。