40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

ソルビン原宿は美味しいと評判です。 ところで、ソルビン(눈얼음)って何の事?

time 2016/06/28

sponsored link

かき氷の世界が新境地を開いた!

ソルビンの意味を調べてみたよ!

2016年、台風もまだ一つも上陸していない日本は猛暑になると噂されていますが、そんな中この夏に1番の話題となりそうな情報が入りました! それは「ソルビン(눈얼음)」。 「ソルビン(눈얼음)」は、2013年に韓国の釜山に1号店をオープンした韓国の伝統菓子に斬新なアイデアを加えて現代風にアレンジしたスイーツなどを提供するコリアンデザートカフェです。 本場韓国のお店はこんな感じ。

wpid-IMG_20130624_180027
出典:http://busanhome.com/

ちょっとさっぱりしている感じですが連日中は満席状況の大人気店。 そんなお店の日本一号店が原宿に出来ちゃったんです。 

ソルビン(눈얼음)って何なの?

店名が「ソルビン(눈얼음)」であることはもちろんなのですが、何の意味があるのか調べたところ、韓国語で「눈얼음」読み方がソルビンなのですが、意味は雪氷と言う事です。 そのままか! 近年では夏のかき氷も氷なら何でも良いナンテ事はなくなって屋台でさえ昔ながらの普通のかき氷は売れなくなりました。 食の産業は日々進化して付加価値が高くないと売れないということだと思うのですが、いよいよ食材だけでなく料理やデザートそのものがグローバル化で世界に認められないと価値を生まないといった感じになっている気がします。

4b107279896c9893cd9c37c0fb58c0c3
出典:http://macaro-ni.jp/28893

戦後昭和の行動成長期は三種の神器として冷蔵庫が社会に広まり冷凍技術が発達していった中での生まれたかき氷でしたから、ガリガリ言ってたら、、、しかもそれがフレーバーでイチゴの風味なんてついていたものなら尚更のことたまらなく国民皆が手にした時代でした。 ところが現在は冷凍技術もより発達し調理技術も発達し更には食材も豊富になり様々なかき氷が作れるようになったんですね。

日本全体の気候もかわり今まで作れなかったような農作物も作れるようになり、世界中で食品が同じように作れるようになっていっていると言っても過言ではないような気がします。 そう考えると今回のソルビン(눈얼음)ではないですが、新しい時代を作り上げる「かき氷」といえるのではないでしょうか。

ソルビン(눈얼음)雪氷のあれこれ

4c2e2bfea06e0dd11d855ea3f83305af
出典:http://macaro-ni.jp/28893

これだけフンダンにマンゴーを飾った氷「ソルビン(눈얼음)」のようなデザートは今まで見たこともありませんでした。いったい原価どれだけかけてるの?と思ってしまいますが、実売価格が気になるところですが、同じような店の場合一個当たりが1000円以上するので同じような価格になるかもしれないですね。 売価が1500円なら作れるかもしれないですね。 食材が東京現地調達だとどうなるんだろう?などといらないことを考えてしまいます。

4422df9a26b48b7f700bc6a1b4a5b295
出典:http://macaro-ni.jp/28893

しっっかしぃ、どれも美味そうですねぇ!ホント噂になるのが良くわかります。 人間の食べたい欲求を引き出されます。 かき氷だったものが無くなり雪氷に変わる。 これってガソリン車が消えて電気自動車になるみたいな感じですね。 そうか!かき氷にシロップをかけていたものが一体となり味付きになった。しかもその雪氷にフルーツ盛り合わせが乗っかったってことは、かき氷のハイブリット版だ! 言うなれば、アイスハイブリット「ソルビン(눈얼음)」といっても良いかもしれない。  

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。