40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

「ドラマ版 猫侍」北村一輝の可愛さバツグン、にゃんと萌えど抜群に鳴り響く?

time 2016/06/23

sponsored link

「猫侍 シーズン1」これが現代の時代劇だ!

人は切れども猫は切れず?

nekozamurai_tv
出典:http://www.schaft.net/n00bs/2013/10/05235543.html

北村一輝さん、あいかわらずカッコイイですよね。素敵なコミカルからシリアスまでと色々な役柄をこなしドンドン俳優さんになっていってますね。 そんな北村さんが主役をはる「猫侍」ですが猫侍?えっ?と猿飛佐助のように忍術でも使うのかなと思ってしまいますが果たして内容はどうなんでしょう?

「ドラマ版 猫侍」あらすじ

時は幕末。かつて畏怖され尊敬された剣客は、今や浪人となり身をやつしていた。困窮する男に久々に舞い込んだ仕事、それは「猫」を斬れというものだった。 飼い主を骨抜きにする魔を持つというその化け猫。しかし、この小さな生き物との出逢いが、男の小さな生活を鮮やかに変えていく…
出典:http://amazon.co.jp

「ドラマ版 猫侍」ストーリー


ドラマ版 猫侍 SEASON1

第1話

元・加賀藩剣術指南役で「まだら鬼」と呼ばれ恐れられた剣客斑目久太郎を演じるのは北村一輝さんです。ところが現状は貧乏浪人として「ほおずき長屋」で暮らして生活に困窮中。諸事情から玉之丞を飼い始め幼子のように変わってしまった。そんな可愛い白猫との物語がここから始まります。

第2話

玉之丞を匿ってしまった久太郎だがかくまった事から様々な事件に突入し出します。 そんな事件にうんざりして神社に放とうとするんですが、更にそこから色んな事が起き始めます。

第3話

猫だけに限らずペットを飼っていると、必ずつきまとうのがノミですね。 そんな時代背景にもペット屋さんのような相談所があったので相談に行き解決方法を手にするんですが、そう簡単には終わらずにはたまた問題が。

第4話

でた!ねこまんま!懐かしい!今のペットは贅沢になりましたね。 そんな猫まんまが発端で起きだす事件があれこれです。

第5話

貧乏浪人の定番の職業と言ったら「傘貼り」 昔は紙にロウを塗ったものでしたからね。 まだビニールがない時代です。そんな中起き始める事件に翻弄される状態です。

第6話

「好きな言葉は猫の恩返しっ…」なんて、しょうもないことを言いながらガックリとうなだれる久太郎の前に突然お客さんが登場する。 傘を買いたいんじゃなく猫を買いたいと? さてさてこの後の展開は。。

第7話

若菜が屋台でうってつ『どにゃつぼう』?おいおいこれってドーナッツ?ホントこのセンスは素晴らしすぎる。 と、そんな屋台が大事件の発端となります。

8. 第8話

現代社会を江戸時代化させたタイムスリップ感が楽しい第8話。 求人看板?って笑えます。 そんな中からまたしても色々と起き始めます。仮面ライダー電脳的に言うとクライマックス突入といった感じがします。

第9話

第8話からの流れで大層なことになり始めました。シリアスとコミカルが融合しています。北村一輝の本領発揮に期待感が膨れ上がる今回は見ものです。

第10話

単なる可愛さだけが売りではない玉之丞存在に疑問を感じ出す今回作品。 

第11話

「玉之丞の身が危ない」徳川綱吉の「生類憐みの令」を想像させる出来事にハラハラします。

第12話

ここまで非常に盛り上がってきた猫侍の最終話。 悲しくもあり満足でもあり豪華キャストの演技に大満足でした。でも実はここから映画に突入です。 今まで明かされていない「玉之丞」の疑問は残ったままです。 創造するだけでもワクワクしちゃいますが、映画も見たいと思います。

「ドラマ版 猫侍」を全話無料で見ることが出来るのはアマゾンプライムだけ!

そんなアマゾンプライムに関してはこちらに書いておきました。

amazonpp

お試しで30日間は無料で出来ますから、まずは登録だけしても良いかもしれないですね。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。