40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

GReeeeNのキセキが映画化される? どんな内容か気になりますよね。

time 2016/06/03

sponsored link

GReeeeNの名曲「キセキ」が映画化されると発表されました!

覆面歌手が映画に出るの?


ギネスブックにも登場した名曲は今もなお、色々なシーンで取り扱われているので誰もが、つい口ずさんでしまう。 そんなGReeeeNの「キセキ」!  オヤジでも言えることは、「ホントに良い曲ですよね。」ってこと!  特にこちらの歌詞は最高です!

mig
出典:http://prcm.jp/album/ayumi01/pic/14456055

二人の寄り添い合うシーンが心を「ジーーーン」とさせてくれます。 この言葉には年齢は関係ないですよね。 歳を重ねた、おじいちゃん・おばあちゃんでもイメージできます。 幼稚園のぼく・わたしでも想像できます。 もちろん、ヤングエイジ?でも想像できます。

GReeeeNの「キセキ」は「ROOKIES」の主題歌!

歯科医が集まり日本一?

GReeeeNのメンバーは全員が歯科医と言うことで本名や素顔が非公開となっているため不思議な存在のままギネス記録をつくる「キセキ」という曲から、他にも様々なヒットを生み出してきました。 「キセキ」は、もともと高校野球をのドラマ『ROOKIES(ルーキーズ)』の主題歌だったのですが、このドラマも大ヒットしました。

ROOKIESあらすじ

TBSで2008年に放送されたドラマ『ROOKIES(ルーキーズ)』熱血教師と不良たちが甲子園を目指す!ありきたりのようで実は奥が深い!第1話のあらすじを抜粋して御紹介します。

ある朝、スーツ姿にディパックを背負った男が、多摩川の土手を疾走していた。その男の名前は、川藤幸一 (佐藤隆太)。二子玉川学園高校に赴任することになった、新米教師だ。やっとの思いで登校すると、校門を感慨深く見つめる川藤。と、そのとき、「ガシャン!」と校舎の窓ガラスが割れる音とともに、女生徒の悲鳴が…。音のする廊下へと川藤が向かうと、慌てふためく生徒たちと、教師の 掛布光秀 (天野ひろゆき) と 遠井周三 (森山米次)、辻豊 (やべきょうすけ) の前で、関川秀太 (中尾明慶) と 若菜智哉 (高岡蒼甫)、桧山清起 (川村陽介) たちが、3年生の 国枝 (鈴之助) らと乱闘騒ぎを起こしていた。止めに入ろうとする川藤と、それを制止する掛布たちの背後から爆音が !? 振り返ると 今岡忍 (尾上寛之) と 平塚平 (桐谷健太) が、バイクに乗って突っ込んできた。慌ててよける生徒たちの間をバイクが走り抜けると、若菜らに羽交い絞めにされた国枝に、平塚がラリアットをキメる。走り去るバイクと不良たち…。 騒ぎが落ち着いた校内に、「生徒は体育館に集合」との朝礼の校内放送が流れる。野球部の部室でたむろしていた 安仁屋恵壹 (市原隼人)、新庄慶 (城田優)、岡田優也 (佐藤健)、湯舟哲郎 (五十嵐隼士) は、新しく着任した先生を見に行こうと体育館へと向かうが、一緒にいた 御子柴徹 (小出恵介) は、切ない表情でその場に立ち尽くす。体育館では 村山校長 (伊武雅刀) の話の後、池辺教頭 (浅野和之) が川藤を紹介していた。「夢に向かって一緒にがんばろう」と川藤があいさつをすると、それを聞いた安仁屋たちは揃って爆笑。夢をあきらめるなと川藤が続けると、「無駄だ」と安仁屋が言い放つ。にらみ合う川藤と安仁屋たち。 朝礼が終わり、職員室へ戻った川藤が隣の机を見ると、前任校で同僚だった 真弓りえ (吹石一恵) がいた。偶然の再会にびっくりする川藤に、「今回はいろいろと気をつけてくださいね」と真弓が言うと、その意味深な言葉に掛布が聞き返す。そのとき就業のチャイムが鳴った。担任となる2年B組へと向かう川藤。教壇に立ちあいさつをすると、教室の後ろの席が空いているのに気づく。八木塔子 (村川絵梨) が野球部の人たちの席だと教えてくれると、彼らを探しに川藤は野球部の部室へ向かった。
出典:http://www.tbs.co.jp/rookies08/story/

いま見ると、めちゃめちゃ豪華な俳優陣ですね。 学園モノドラマの良い所は作品が時間が立つほど生き残った俳優さんは実力も伴い超売れっ子さんになられているので知らない俳優さんが居ないから身近な存在になり”見やすい”ですよね。 ”見やすい”ということは、よりリアルのドラマを視聴することで体感することが出来るんです。 若いうちはわからなかったんですが歳を重ねたら、そう感じるようになりました。 歳を重ねる良さ発見です。


ROOKIES【TBSオンデマンド】

GReeeeNのメンバーとプロフィール

人気ドラマ『ROOKIES(ルーキーズ)』の主題歌を歌ったGReeeeNの存在が知りたい人も多いのではないでしょうか? 曲が魅力的であればあるほど知りたくなるのが人情です。

GReeeeNのメンバー

・HIDE(ヒデ)  GReeeeNのリーダーでプロデューサー的立場(最初は実兄のJIN(当時:NICK)のサポートを受けメンバーを集う)
・navi(ナビ)  ファンからは王子と呼ばれピアノやギターが得意
・92(クニ)   沖縄民謡の音楽性を持ちGReeeeNに影響をあたえた  
・SOH(ソウ)   低音ボイスを担当   

皆さん歯科医師として医療活動を優先しながら活動をされていたようで、アレほどの名曲を作り続けるパワーには関心しますよね。

2017年春公開予定の映画

映画「キセキ ーあの日のソビトー」

そんな歯科医4人メンバー「GReeeeN」の誕生秘話を描いた映画作品「キセキ ーあの日のソビトー」が2017年春に公開される予定と発表がありましたが、「ソビト」は素人または空人の呼称でGReeeeN自身が考えた造語と言われていますが意味は、一般人が新しいことに自由に挑戦していく人のことのようです。 歯科医師と言う仕事柄、縛られることが多いので”自分らしさ”や”自由”を求めている部分からできたのでしょうかね?

今回の映画「キセキ ーあの日のソビトー」で演じる俳優さんを調べたところ、GReeeeNのプロデューサーで弟のJIN(ジン)さんは松坂桃李さん、JIN(ジン)さんの兄のHIDE(ヒデ)を菅田将暉が演じて歯科医とアーティストを両立しながら顔出一切無しの異色グループ「GReeeeN」の「キセキ」が生まれた秘話を私たちに映像として届けてくれるようです。 「キセキ誕生秘話」の裏側が実話として映像化されると今迄以上に「GReeeeN」の「キセキ」が再ヒットを生み出すかもしれませんね。

映画は平成29年つまり2017年春公開予定です。ワクワクが止まりませんが来年の春は日本が凄く感動に包まれそうな感じがします。

そんな名曲「キセキ」で締めくくります。

来年春に卒業や入学、新入社や結婚など明るい話題の渦中にある方は特に要チェックですね。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。