40代~のおやじがドラマを語ります!おやドラ OYADORA

40を超えたドラマ好きおやじが勝手に色々語ります。

文豪ストレイドッグスの動画が見放題! 見逃し御免の秀作発見!

time 2016/05/27

sponsored link

太宰治の生き様か? いやいやそんなモノじゃない?

文豪ストレイドッグス

main
出典:http://bungo-stray-dogs.jp/

ストレイドッグスとは、文豪集団の脱線した?彷徨っている?犬たち? タイトルだけを見ていても全く想像つかない状態のオヤジです。 文豪と言ったら文字を使い模写する事で多くの人に影響を与える豪傑者と考えますが、「文豪」という言葉自体が日常で使われることは、殆ど無いといえますので果たしてどうでしょうか? 今回の作品の、この文豪ストレイドッグスには太宰治まで出演しちゃいます。 かと言ってあの文豪「太宰治」とは似ても似つかぬ皆から「可愛い!!」と大絶賛されている太宰治です。
dazai13
出典:http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/dazai.html

角度を変えると石田純一ともとれる写真ですが、こちら太宰治さんで誰もが知っている作品として「人間失格」などの作品がありますが、38歳の若さで自殺をしていることから、作品や人物に対して様々な角度から様々な言われ方をしていますが、解釈は人それぞれ自由ですので、どのような捉え方も正解といえます。

太宰治の作品は明暗があり陰陽といいますか正義と悪が存在しているといいますか、人間本来の持ったものを文言にて撃ちだされていて逆にこれが社会の目につくことになり評価を受け今だに影響を受けている人達が後を立たないどころか後世語り継がれ続ける様相の様が非情に凄いともいえます。

main-r
出典:http://bungo-stray-dogs.jp/

今回の文豪ストレイドッグスはそんな太宰のスパイスが散りばめられ見て分かる人にはわかる部分をもっているといえるのではないかと思います。

文豪ストレイドッグスのあらすじとストーリー

孤児院を追い出され、餓死寸前の青年・中島敦が出会った風変わりな男たち–。白昼堂々、入水自殺にいそしむ自殺嗜好の男・太宰治。神経質そうに手帳を繰る、眼鏡の男・国木田独歩。彼らは、軍や警察も踏み込めない荒事を解決すると噂される「武装探偵社」の社員であった。何の因果か、巷を騒がせる「人喰い虎」退治への同行を求められる敦だが……。架空の都市 ヨコハマ。登場するは、文豪の名を懐く者たち。その名になぞらえた異形の力が火花を散らす。奇怪千万の文豪異能力バトル、ここに開幕!
出典:http://amazon.co.jp/

1. 人生万事塞翁が虎

孤児院を追い出され、ヨコハマの街を彷徨っていた中島敦。このまま野垂れ死ぬか? いや、何をしても生き延びてやる–。盗っ人やむなしと決意した矢先、川を流されていく奇妙な男と遭遇する。どこか飄々とした自殺マニアの名は、太宰治。噂に聞く異能力集団「武装探偵社」の社員だった。太宰が同僚の国木田独歩とともに「人喰い虎」を探していると知った敦は震え上がる。その虎こそ、すべてを失った元凶だったのだ。だが、彼らは仕事を手伝うよう求め……。

2. 或る爆弾

「武装探偵社」に入社した敦だが「異能を制御できない自分では役に立たない」と、および腰であった。 太宰は、そんな敦にもできる仕事を斡旋すると言って、どこかへ連れ出す。だがそこへ、国木田が知らせた緊急事態。探偵社に急行した敦たちが見たものは、か弱き事務員の少女を人質に「社長を出せ!」と声を荒げる爆弾魔の姿だった。探偵社への怨恨か? 唯一、犯人に顔が割れていない敦は、通りすがりの新聞配達員を装い必死に説得を試みる。

3. ヨコハマ ギャングスタア パラダヰス

入社試験に合格し、晴れて武装探偵社の一員となった敦。探偵修行の一環だという先輩の前職当てゲームに挑戦するも、太宰の正解を知る者はなかった。そこへ、新たな仕事の依頼が――。スーツ姿の若い女は、会社のビルヂングの裏手にたむろする輩たちを追い払うため、彼らが密輸業者であるという証拠を掴んで欲しいと話す。谷崎とナオミと共に、ただ見張るだけの簡単な初仕事へと向かう敦だったが……。

4. 運命論者の悲み

太宰に助けられ、辛くも芥川の手から逃れられた敦だが、70億もの賞金首となった己のせいで仲間が巻き添えになったことを知り、自責の念にかられるのだった。国木田もまた「最悪の事態」を恐れ、いつになく動揺をあらわにする。お世話になった人たちに、これ以上迷惑を掛けられない――。探偵社から出て行くことを決意した敦は、偽の依頼人だったポートマフィアの樋口に電話を掛ける。

5. Murder on D Street

ポートマフィアの武闘派「黒蜥蜴」の襲撃を受けながらも、あっさり撃退してしまった武装探偵社。国木田が「最悪の事態」と恐れた通り、社員たちは散らかった事務所の後片付けに追われていた。そんな中、乱歩の仕事現場に付き添うことを命じられた敦。だが、電車の乗り方すら知らない世間知らずな「名探偵」を、少々いぶかしく思う。事件現場で待ち受けていた箕浦刑事と、その部下とされる女性の遺体を前に乱歩は「一分以内に解決できる」と豪語するが……。

6. 蒼の使徒

ヨコハマを訪れた旅行客の連続失踪事件が発生し、武装探偵社に被害者の居所を知らせるタレコミが寄せられる。国木田は、非合法のハッカーである田口六臓に情報源を探らせるが、見つかったのは、被害者の写真と「蒼の使徒」という謎の言葉のみであった。偶然にも11人の被害者のうち2人を目撃したという運転手兼情報屋のタクシーを呼び、敦たちは目的地へと向かう。太宰と国木田のコンビが相変わらず不毛なやりとりを繰り広げる中、着いたのは怪しげな廃病院で――。
出典:http://amazon.co.jp/

視聴者のご意見まとめ

文豪作品のアニメ化と言うよりは文豪作品をすべてまとめあげ新たな作品として生み出した、まったく新しい世界観を提供している作品と捉えていただいたほうが良さそうですね。 何事も固定観念と比較しながらの賛否は個人会社気宇によるものが多いので素直に一つの新しい作品として楽しんだほうが面白いと感じています。

sponsored link

down

コメントする




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おやじのエチケット

おやじ道具



sponsored link

運営者情報

運営者情報はここをクリックしてください。

免責事項

当ブログサイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当ブログサイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。